お水を極めて高収入ゲット!~話し方編~

相手の話を聞こう

承認欲求を満たす

風俗には、自分の話を聞かせにやってくるお客さんが見られます。
その時は、きちんと最初から最後まで聞いてあげてください。
話を聞くことで、お客さんの承認欲求を満たすことができます。
途中で余計な会話をすると、お客さんの話が途切れて不快感を与える危険性があるので気をつけてください。

自慢話をする人には、すごいといった相手を褒めるフレーズをたくさん使うと良いでしょう。
誰だって人間は。褒められると嬉しいものです。
良い印象をお客さんに与えることで、このスタッフは自分の話を聞いてくれると思わせることができます。
すると、次回お店に来た時に指名してくれるかもしれません。
上手く話を聞くことで、お客さんをどんどん増やせます。

興味を持とう

お客さんの話を聞く時は、相手に興味があるという態度を見せることが重要です。
風俗で働いていると、全く興味の名話題をしてくる人もいます。
また何度か訪れているお客さんが、前回と同じ話題をすることもあります。
お酒を飲んでいるので、酔っていると同じ自慢話を何度もするかもしれませんよね。
聞き飽きたとしても、絶対態度に出してはいけません。
自分ではつまらないという感情を隠したつもりでも、お客さんに伝わることがあります。
前回聞いた話でも、初めて聞く話だと思って真剣に聞いてください。

1回でも、お客さんに不快感をあたえたら終わりだと思ってください。
悪評が広がって、お客さんが寄り付かなくなります。
綺麗な人でも、話を聞いてくれない人は好まれません。


この記事をシェアする